興信所に依頼する。その前に知っておきたいこと

「興信所に調査を頼めば、何かつかめる?」「興信所に相談してみよう。」なにか困った問題を抱えた時に、興信所に相談することを選択肢として考えついたとしても、興信所のシステムや料金について知識や情報が身近になく、依頼を断念してしまうことはもったいないことです。
人探しであれば、いなくなってしまった時から、出来るだけ時間の経過が浅いうちに調査を開始すれば、その分見つかる確率も高くなり、料金も比較的かからなくて済む。といわれています。
興信所にもっとも依頼の多い、浮気調査や素行調査の場合、興信所によって同じ内容の調査であっても、かなり料金に開きがあるので事前に料金相場を知り、どんなところが違うのかチェックした上で、依頼を考えることが必要となります。
一般的な浮気調査の料金相場を知る前に、知っておかなくてはならないのが、調査についての基本。
浮気調査の場合、調査にあたる人数は2〜3人。HPに目立つように書かれている安い調査料金は、1人あたりの時間単価であることが多く、例えば1時間当たり、7000円の単価設定をしている探偵事務所で、浮気調査1件に3人の調査員が5時間調査を行ったとします。
調査にかかった車両代やガソリン代、駐車場代は実費。この場合、1日当たりの大まかな調査費用を出す場合、
(例) 7000(円×3(人)×5(時間)=105000(円)
実費経費設定をしている興信所であれば、これに車を使って調査を行っていた実費分、ガソリン代や駐車場代、高速代などがかかってきます。
さらに、報告書が必要な場合は、報告書作成料も別料金。などというところもあります。
最初からパックで実費分の料金も含んだ料金設定をされているところもあります。その場合、目につく料金は少し高く感じられるようですが、最終的な支払い料金は安い。と感じられることが多いようです。
一般的な浮気調査の料金は、30万円台から60万円台といわれています。
興信所を探す際は、このことを参考に、比較検討してください。
 

興信所の料金相場以外でも気になる

興信所の料金相場も大事ですが、料金相場以外でも、興信所で気になることがいくつかあります。
例えば、調査をすぐに行ってもらえるのか?
調査をするとき現場に一緒に行ってもいいのか?
調査員と直接連絡のやり取りを取ることができるのかなど、細かいものを挙げるとたくさんあります。

まず、気になるのが、調査をすぐにやってもらうことができるのか?という疑問です。
今日契約をして、明日から調査をして欲しいという人もいると思いますが、ほとんどの場合、翌日に調査をしてもらうというのは難しいと思われます。
理由として、興信所にも調査スケジュールと、割ける人員の限界がある点です。
興信所では、あなたが依頼をした調査以外にも、調査案件がいくつかあります。そのため、調査をする興信所は調査スケジュールを作って、計画的な調査を行うのが普通です。
また、人員がいない場合は、調査そのものが不可能ですから、やはり調査を契約した翌日に、スケジュールと人員に空きがない限り、調査をしてもらうのは難しいと思います。

これらの理由から、人気の探偵事務所では、連休や何かイベントがある日(バレンタインやクリスマスなど)で、調査件数が爆発的に増えるため、これらの日を避けると、意外と他の日は調査が可能であったりもします。